メンデレーエフの箇所についてと原子の箇所

メンデレーエフなどについて研究しました。メンデレーエフは、当時知られていた63顔ぶれの原子の単体や組合せ物を比較し、原子を原子ボリュームの順に据えると化学的特性が周期的に変化することに気付きました(1869年)。また、未だに発見されていない原子があると考え、3つの原子の有と特性を予言し、その原子のはいる面を空欄にした転回一般を発表しました。のちに、空欄に引っかかる原子が発見され、転回一般の信頼性が高くなりました。景色はおもに、窒素が約80%、酸素が約20%の組み合わせ瓦斯で景色を一つの物体と考えたときの分子ボリュームは28.8だ。アンモニアの分子ボリュームと比べると、景色よりもアンモニアのほうが軽々しいことがわかります。次は、原子についてだ。原子核のまわりには、電子が運動して掛かる余剰があります。おんなじ原子では、陽子の総和と電子の総和は等しいだ。このため、全体としては電気を帯びていません。知らないことがあったので、勉強して良かったです。http://www.ooooner.com/musee-hanashita.html

メンデレーエフの箇所についてと原子の箇所